女性抜け毛対策にシャンプー

抜け毛に悩んだら病院へ

 

ひとことで抜け毛と言ってもその原因は男性ホルモン、遺伝、ストレス、食生活など様々です。男性と女性では症状に違いがありますが抜け毛は男性、女性共通の悩みになります。中でも男性型脱毛症は抜け毛の中でも多く見られる脱毛症になります。

 

基本的には頭頂部を中心とした脱毛症状であり、女性のAGA男性脱毛症の場合は前額部は残存し頭頂部の頭髪が細くなる特徴があります。自分で抜け毛に対する予防はできますができる範囲が限られてしまいます。

 

そのため髪のプロと言われる病院や専門外来などの医療機関で受診してもらわなければならない症状、状況があります。今は発育剤、育毛剤などがドラッグストアなどで販売されているのでそこで買うことができます。

 

しかし実際は専門医師の元で安心して治療を受ける方法があるので抜け毛に悩んだ時は専門医師への相談をおすすめします。実際に自分の身体を知るのは難しいですが、最近では最新技術を使用して抜け毛や薄毛の原因を客観的に検査してくれる病院があります。

 

一般的に普及していない検査ですが、抜け毛の原因がわかればどのように治療すればいいかもわかります。そのため本人でも抜け毛の原因をしっかりと認識することができるので治療も納得しやすいものになります。一人で悩んだ場合は専門外来の医師に相談することが一番の解決方法と言えます。

 

薄毛、抜け毛の悩みと言うとなかなか人に相談しにくく一人で悩んでいる方も多いと思います。その悩みは意外なほど数多くの方が抱えている共通の悩みになるのでお仕事の都合上などでなかなか病院へ足を運べない場合でも電話相談を行っている病院もあるので相談してみるといいでしょう。

 

抜け毛の始まりはAGA

 

AGAとは男性ホルモンによる脱毛症という意味になります。日本では男性型脱毛症と呼ばれるもので成人男性20歳〜69歳の3人に1人が薄毛症状に悩んでいると言われています。

 

特に20代後半から30代にかけて兆候が現れることが多いです。AGAは進行性の脱毛症なので一度発症したら自然に治ることはないものです。そのため放置していると薄毛はどんどん悪化することになります。

 

症状は額、頭頂部から現れどちらか一方が薄くなったり、場合によっては両方同時に進行することがあります。後頭部、側頭部の髪には影響はありません。ヘアサイクルと呼ばれる髪の生え変わりがあります。

 

通常成長期は2〜6年あり、この成長期の間に髪は太く長く成長すると言われています。ですがAGAを発症すると成長期は短くなり髪が成長しきらず退行期・休止期に移行します。そうなると細く短い髪が増えるので髪のボリュームが減少したり抜け毛へと繋がります。

 

男性テストステロンと毛根周辺で分泌される還元酵素である5aリゼクターゼが結びつくことでジヒドロテストステロンという活性型男性ホルモンが生成されます。

 

このジヒドロテストステロンとアンドロゲン受容体が結合するとTGF-Bなどを誘導して毛母細胞の増殖を抑制したり成長期が短縮するので髪は成長を止めてしまうことになります。

 

ジヒドロテストステロンの影響だけではなく発症には様々な要因があります。一般的に言われているのが乱れた食生活やストレス、十分ではない睡眠時間、栄養欠損、血行不良などがあります。

 

抜け毛対策に効果的な成分

 

 

抜け毛には、この対策をすれば必ず抜け毛を予防できると言えるものはありません。ただ、抜け毛予防効果が期待できる成分はあるのでいくつかご紹介致します。ヤシ科のハーブ一種であるノコギリヤシから抽出したエキスであるノコギリヤシエキスは主に前立腺肥大や排尿障害、抜けの予防に効果がある民間薬として使用されます。

 

抜け毛の要因でもある5aリダクターゼを阻害する効果がありAGA予防には特に効果的です。コガネバナの根から作ったオウゴンという生薬から抽出したエキスであるオウゴンエキスは古くから漢方薬に多く使用されています。

 

抗炎症、抗アレルギーに効果的で保湿作用もあるのでAGA予防効果も期待できる成分です。クワ科の植物であるホップの雌花穂から抽出したエキスであるホップエキスは抗菌作用、保湿作用、鎮静作用があります。

 

そのため化粧品やシャンプーなどの成分として多く含まれており、生薬としても鎮静作用があるので白髪科に関与する遺伝子を制御する効果もあります。バラ科の植物である桃や桃の葉から抽出したエキスであるモモ葉エキスは保湿、抗炎症、抗アレルギーなどの多くの効果があります。

 

そのため古くから薬草として重用され、化粧品、シャンプー、育毛剤などにも多く使用されています。クスノキの精油に含まれる成分であるカンファーは血行促進、消炎作用があります。そのため抜け毛予防にはとても効果的であり、鎮痛作用もあるのでメンソレータムなどの外用医薬品にも配合されている成分になります。

 

AGAは発症すると特に改善が難しいものなので抜け毛が気になり始めている方、まだ安心している方でも早いうちから抜け毛対策をしておくことをおすすめします。頭皮ケアに効果のある成分が配合されているものに変えるだけでも頭皮環境は変わります。そのため抜け毛対策に効果的な成分を与えてあげるといいでしょう。

 

女性の抜け毛の原因であるカラーリング・パーマ

 

女性の悩みの一つとも言われる抜け毛・薄毛の原因ですがカラーリングやパーマの影響があります。オシャレの一環として髪の毛を染めることは一般的です。男性に比べ、女性の方が美意識が高いので髪の毛にもこだわります。しかしこのカラーリングやパーマは髪に相当のダメージを与えてしまいます。染めた後はしばらく髪の毛がキシキシになったりクシの通りが悪かったりします。

 

そのため髪の毛のよるダメージとなるカラーリング、パーマを頻繁に行うことで女性の抜け毛・薄毛で悩む方は増えてきています。カラーリングとパーマは強力な薬品で毛髪組織に浸透させ化学変化を起こすものなので髪の毛のキューティクルなどの髪の痛みを伴うことがあります。

 

ハイブリーチなどで一気に金髪にするとサラサラの髪の毛もすぐに痛みます。これを続けていると女性の抜け毛・薄毛の原因になってしまいます。その痛みを補修するものがトリートメントです。ブリーチ剤は酸性なので頭皮につくと角質を溶かしてしまい頭皮の炎症を起こします。自分でブリーチをする時は直接頭皮にかけないように注意が必要です。

 

また、人によりアレルギーがあることがあるのでパッチテストを行い痛み、かゆみが出ないか試すといいでしょう。パーマとカラーリングを同時に行うことは最も危険になり、髪に相当なダメージを与えます。そのため間隔をあけておこなうなどの配慮も必要になります。

 

女性は特に髪を大事に思うので毎日シャンプーしたりカラーリングしたりしますが、逆に抜け毛の原因になることがあるので十分に注意が必要です。

 

こちらがお勧め>>>抜け毛に効くシャンプー 女

 

デスクで眼ヨガをしよう

 

デスクワークをしている人は、一日中パソコンの前に張り付いていて、気が付くとトイレに行くのも忘れてた、なんてことはよくあるでしょう。そうすると、ずっと同じ姿勢をとり続けていたり、パソコンのディスプレイをじっと見ていたりすることになります。

 

目が乾いてしまったり、痛くなってきたり、かすんできたりするでしょう。どちらも体にはおすすめできないものですね。

 

そんな時はデスクに居ながら簡単なヨガをしてみましょう。眼ヨガというのは、ヨガの呼吸法とポーズに目の運動を組み合わせたものです。眼ヨガは3つのポーズをするだけなのでとても簡単です。

 

まず初めに、両手を擦り合わせ、手の平を温めてください。そして手のひらをお椀のように丸め、右手を右目の方に当てて、手のひらの中央が目の上にくるようにしてください。

 

そして、鼻からゆっくり息を吸い、口からゆっくり吐き出してください。この呼吸を3〜4回ほど続けたなら、次は左の手を左目の方に当てて、同様に呼吸を繰り返してみてください。

 

次は、目を上下左右に動かしてストレッチをしましょう。背中をまっすぐに伸ばし、正面を向いてください。口から息を吐きつつ、目を真上方向に向けてください。

 

次に、鼻から息を吸ってできるだけ深く呼吸をしながら10秒間上向きのままキープしてください。顔は正面を向いたままにして、目だけを上方向を見るように意識してください。

 

そして次は、目の周りにあるツボを刺激しましょう。左右の眉頭にある骨を右手親指と人差し指を使ってつまみ、後頭部の方に力強く押してツボを刺激しましょう。

 

深い呼吸をしながら行なうのがポイントです。右手で押した後、次は左手でも同じツボを刺激してみましょう。右を10回、左を10回と交互に繰り返してください。

 

こちらも気になるサイト>>>網膜剥離サプリメント比較サイト

 

痛風に納豆は良くないって本当なの?

 

日本人にとって、納豆というのはとても馴染み深い食べ物ですし、朝食などで食べているという人も多いでしょう。毎日納豆を食べることによって、便秘を改善させたり、骨粗しょう症対策をすることも期待できるといわれています。ですので、健康を維持するために、納豆を食べているという人もいるかと思います。

 

納豆には、ナットウキナーゼといわれる独自の酵素も含まれているのですが、このナットウキナーゼは血液をさらさらにする効果が期待できるといわれています。ですから、動脈硬化や心筋梗塞などの対策をしていくことも可能だといわれているのです。

 

この他にも、色々なミネラルやビタミン、そして良質なたんぱく質も含まれていますから、とても優れている健康食品といっても過言ではありません。ただ、その一方で痛風を発症している人は納豆を食べるべきではないという意見も耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか?

 

どうして、痛風を発症している人は納豆を食べるのは良くないといわれているのかというと、プリン体がたくさん納豆に含まれていることが理由として挙げられます。プリン体を大量に摂取してしまうと、それだけ尿酸も増えることになりますから、痛風発作を引き起こしやすくなるといわれています。

 

納豆は100gに付き、113mgほどのプリン体が含まれているとされています。豚肉などの場合は、100gにつき80mg前後のプリン体が含まれているのですが、比較してみると納豆は確かにプリン体が多く含まれているといえるでしょう。

 

ですが、1日1パックくらいであれば、プリン体の摂取量もそれだけ少なくなりますし、植物性たんぱく質は痛風発作の危険性を高めることはないという研究発表も行われています。それに、納豆は、ビタミンや良質なたんぱく質などが豊富に含まれているのですから、健康にいい食べ物であることに変わりはないでしょう。

 

もちろん、食べ過ぎてしまったら痛風のリスクは高くなりますが、一日にプリン体を400mgくらい摂取するくらいであれば大丈夫だといわれていますので、毎日1パックくらい食べても、特にリスクはないといえるのではないでしょうか?

 

サプリで緩和させるなら痛風サプリはこちら

 

 

更新履歴